耳垢 取り方 多い 色が変 原因

耳垢、耳くその取り方、色が変で多い。原因と対処法

耳くそ(耳垢)とは、耳に中の垢(あか)のことで、耳糞(みみあか)とも呼ばれているものになります。
健康な人でも必ず出るもので、空気中のホコリ、皮膚の垢と、耳垢腺と言われる部分より出る分泌液とが混ざり合ったものが耳糞であり、耳垢になります。そのために健康的な人でも定期に掃除が必要で、耳糞を取ろ除く必要があります。
その中でこの耳糞には種類があり、乾燥耳糞と湿性耳糞があり、乾燥耳糞は時のごとく乾燥したカサカサの耳糞のことを意味し、湿性耳糞は湿っている耳糞になり、他に体質面などから健康的な人でも耳糞の量は個人差があります。
耳掃除を定期にするとの話をしましたが、健康的な人であれば外耳道と言われる(耳の中が外から簡単に見える部分)までてきてくるのが健康的な状態で、耳かきの道具で耳掃除が出来ます。
湿性耳糞の体質の方は、外耳道まで耳糞が出にくい傾向がありますので、少々掃除に神経を使う必要があり俗に言われる耳かきだけでなく、綿棒との製品を使い耳糞を掃除する必要性があります。

スポンサーリンク

この時あまりおくまで綿棒を入れると鼓膜等近くの皮膚を傷つけてしまいますので、注意して造寺します。また綿棒を強く耳の中の皮膚を押さえることもしないようにします。
耳の皮膚を傷つけてしまうと、そこから最近が入り炎症を起こすこともありますので注意が必要です。
この耳糞は実は悩みを持っている人も数多く、特に湿性耳糞の人が多く悩みを持っています。最近のスマートフォンや携帯音楽プレーヤーなど耳にイヤホンをするケースも多くなり、より湿性が影響している悩みも出ています。
耳糞が外耳道まででにくいことと、耳にイヤホンなどをすることで乾燥する頻度も減りより使用環境も悪くなっている場合が多い傾向です。
場合により耳糞が鼓膜近くでたまり、耳が聞き取りづらい事を引き落としている場合がありますので、気になる方は一度専門医にかかることをお薦めします。
特に、夏のプールや風呂あがりの耳の中の水分を綺麗に除去にない場合にも、耳の病気を引き起こしやすくしますので注意が必要です。

スポンサーリンク