耳くそ でかい 痛くない 取り方

でかい耳くそと痛くない取り方

スポンサーリンク

耳の中にでかい耳くそがあるのを発見することがあります。
でかい耳くそを何とかして取りのぞきたいと考える人がいますが、実際にはどのような方法を行えばいいのかわからないという人がいます。
でかい耳くそを取りのぞくときにはそれなりに痛みを感じることもあります。
しかしこの場合でかい耳くそを取る際の痛くない取り方という方法があるのです。
耳くそを取るときにどのような道具を使うのかというと、基本的には耳かき棒や綿棒というようなものになります。
しかしこれらはでかい耳くその取り方としては適していません。
でかい耳くそを痛くない方法で取る場合には、スパイラルの綿棒を使った取り方が効果があります。
最近では綿棒の種類は豊富となっていますが、スパイラルの綿棒も簡単に手に入れることができます。
はちみつをすくうときに使う道具と似たような形となっていますが、へこんでいる部分が耳の中で回転することで、でかい耳くそも取りのぞくことができます。
これは痛くないので非常に安心です。
無理に引っ張ると言うことがなく自然にゆっくりと回転させるので痛くないのです。

スポンサーリンク

これは非常にシンプルな取り方となっているので、人気が高くなっています。
一度この綿棒を使うと、ほかの道具を使うことができないと言うような人もいるので、でかい耳くその取り方としては非常に効果があります。
これは痛くない取り方となっていますが、ゆっくりと耳の中に綿棒を入れます。
そして回しやすい方向にゆっくりと回転させていきます。
感触で耳垢にあたっているというのがわかるので、力を入れずにゆっくりと取り出すという非常に簡単な取り方となっています。
これは痛くないと言うことだけではなく、効果が目に見えてわかるようになっています。
しかし間違った使い方をしてしまうとトラブルの原因となります。
気持ちよく一度にたくさん取れると言うことで、使用頻度が多くなる傾向にあります。
したがって痛くないと言うことで頻繁に使用すると、耳の粘膜を傷つけてしまうことがあります。
何度も使うとほかの病気を引き起こす原因となってしまうので、適度に使用することが大切です。
しかしでかい耳くその痛くない取り方としては非常に効果がある方法となります。

スポンサーリンク