耳垢 耳鼻科 水素綿棒 使い方

耳鼻科での耳垢に対する水素綿棒の使い方

スポンサーリンク

自宅で耳垢を取りのぞこうと考えたときに、なかなか取りのぞくことができずに悩んでいるという人がいます。
しかし耳垢を取るときに無理に力を入れてしまうと、傷がついてしまいさまざまなトラブルの原因となってしまいます。
そこでこのようなときにはセルフケアを行わずに耳鼻科を受診する方が安心です。
耳鼻科では適切な方法で耳垢を取りのぞいていくれるようになっています。
耳鼻科では耳垢を取りのぞく方法として水素綿棒が使われることがあります。
水素綿棒とはどのような特徴があり、使い方があるのか気になります。
水素綿棒が耳鼻科で使われるようになっていますが、この使い方は次のようになっています。
耳垢が耳の中で硬くなって普通の状態では取れなくなったときの使い方となります。
炭酸水素ナトリウムとグリセリンなどを含ませた綿棒と言うことになります。
これを綿棒に含ませるという使い方で、耳垢が取りのぞかれるようになっています。
耳を上にしてこの液体を5滴から6滴耳に垂らし、10分ほど横になるという使い方となります。
これで軟らかくなった耳垢を取りのぞくようになっています。

スポンサーリンク

これが水素綿棒の使い方ということになります。
耳鼻科では一般的に行われている使い方となりますが、市販されていると言うことがないので、まずは耳鼻科を受診することが必要になります。
なかなか取れない耳垢に悩まされているという人がいますが、自分で無理に取りのぞこうとすると、逆に奥に押し込んでしまったり炎症を引き起こして外耳炎になる可能性があります。
したがって耳鼻科で水素綿棒による使い方が非常に効果的となります。
耳の穴や大きさや形や深さというのは個人差があります。
したがってそれにあわせた水素綿棒の使い方があります。
医療器具を使わなければ取ることができない耳垢の掃除に関しては、使い方として医療行為となるので耳鼻科を受診するようにします。
水素綿棒はその中の一つとなります。
水素綿棒をしっかりと使うことで、外耳のトラブルが発生すると言うことがありません。
耳鼻科ではさまざまな器具が使われるようになっています。
耳垢を吸引するというような管が使われることもあります。
これはほかの器具では簡単に取ることができないようなものを吸い込むことができます。

スポンサーリンク