1歳児 耳垢 すぐたまる 対処法

耳垢がすぐたまる1歳児への対処法

スポンサーリンク

耳垢は耳の中の皮脂や角質がはがれ落ちたり、外部からのほこりやちりがたまってできたものです。
老若男女すべての人に発生し、特に新陳代謝の活発な1歳児はすぐたまることが多いです。
個人差はあるので1歳児でもあまりたまらない子もいればすぐたまる子もいます。
また、耳掃除が好きな子もいれば嫌いな子もいます。
適度な耳垢は耳の皮膚を守る働きがあるため、そこまで気にする必要はありません。
しかし、耳垢がたまりすぎると耳の聞こえに影響がでたり、奥に詰まって痛みの原因になったりするので、適宜とってやる必要があります。
1歳児への対処法としては、耳掃除をする要領で横向きに寝かせ、ピンセットで大きいものをとるようにします。
このとき、耳垢とり専用のピンセットを用意する方がよいでしょう。
市販のものだと耳を傷つけるおそれがあります。
大きいものを取り除いたら耳の入り口周辺を綿棒などで優しくぬぐい取るようにします。
この対処法の注意点として、耳の奥に耳垢をおしこまないようにすること、1歳児が動くようなら無理はしないこと、頻度は多くても一週間に一度ほどにすることなどがあります。

スポンサーリンク

1歳児は赤ちゃんのときと比べて外で活動する事も多く、耳垢がすぐたまるようになってきます。
すぐたまること事態への対処法としては、髪が長ければ髪をおろす、耳当てのついた帽子をかぶる、イヤーマフなどをするという対処法があります。
しかし、耳当てを嫌がる1歳児も多いですし、1歳児の場合耳当てで音が聞こえにくくなると危険が大きくなることもあります。
そのため、すぐたまることへの対処法を考えるよりもたまった耳垢への対処法を考える方が現実的です。
耳掃除が嫌でなければ、すぐたまるとしても方法と頻度を守って耳掃除をしてやれば対処法としては十分です。
しかし、1歳児は自我が発達してくる関係で耳掃除を嫌がることもありえます。
その場合は、耳鼻科でとってもらうのが確実です。
すぐたまるとその分耳鼻科にいかないといけないのかと思うかもしれませんが、一度いくとごっそりと耳垢をとってくれるので耳鼻科に行くのはそこまで頻繁でなくてもかまいません。
すぐたまるのは体質にもよるので、適切な対処法をとって子供の耳と聞こえを守ってあげましょう。

スポンサーリンク