耳垢 皮脂腺 色

皮脂腺や耳垢の色について

ワキガや足の臭い程ではありませんが、実は耳も隠れた悪臭ポイントの一つとなっております。
そもそもワキや足の裏には、皮脂腺が多く存在している事も悪臭の原因となっておりますが、耳の周りにも皮脂腺が多く存在しておりますので、臭いについて敏感になる必要があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【耳の悪臭の原因】
耳の悪臭の原因は、皮脂を分泌する皮脂腺です。
耳の後ろの部分には皮脂腺が集中して存在しておりますので、脂肪酸が酸化する事によってかなりの悪臭が出てしまいます。
加齢臭なども耳の裏が最も出やすいと言われており、皮脂腺の影響が強いと言われております。
また、耳の中が臭い場合には、皮脂腺ではなく、耳垢が原因になっております。耳の中には皮脂腺はありませんが、耳垢線と呼ばれる部分があり、皮脂やタンパク質を混ぜたような何とも言えない悪臭を発しております。

 

【耳垢の色】
耳垢は、人によって色が異なりますが、大きく分けると茶、白、黒、黄色っぽい物の四種類に分ける事ができます。
この中でも黒色の耳垢はかなりレアで、基本的には新生児が初めて耳かきをした時に、お母さんのおなかの中で用水が入ってしまったため、黒色になったのです。
子供ではなく、大人の方で黒色をしているような場合には、何らの原因で耳の中から出血がおこり、血が固まって黒くなったものになります。

 

スポンサーリンク

 

【耳垢の種類】
耳垢には色々な種類があります。耳垢の種類は大きく分けて5種類になります。
乾燥した粉上の耳垢になる粉タイプ。丁度夏に日焼けした肌がめくれるような抜け殻タイプ。
皮脂腺からの脂分で出来たべとべとする黄色い耳垢のベトベトタイプ。
粉タイプとベトベトタイプの丁度真ん中くらいのパン粉タイプ。
抜け殻タイプとベトベトタイプの間くらいのちょいべトぬけがらタイプの5種類に別れます。
色も状態も様々ですので、耳かきの種類なども耳垢の種類によって使い分ける必要があります。

 

耳は意外に知られていませんが、かなり臭いが出やすいパーツとなっております。
特に奥さんや恋人がいるような場合には、抱き合ったり一緒に寝る時などに、耳の中や耳の後ろの臭いに気付かれてしまう恐れがあります。
しっかりと臭いケアを行い、パートナーを不快にさせないように注意してください。

 

スポンサーリンク