耳垢 ごっそり取る方法

耳垢をごっそり取る方法、は自然とのコラボ

スポンサーリンク

誰しもが気になることとして、耳垢があると思います。
目に見える場所ではないので、手入れが忘れがちになります。
それでも、人間の体はきちんとなっているもので、何もしなくても本来は溜まってくると自然と排出されるようになっています。
それでも綺麗好きになってしまっている現代人には、事前に手入れをして綺麗にしておかないと汚いもののように扱われてしまいます。
耳垢を取るための方法には様々なものがあって、一般的に良く使われるのは綿棒と耳かきだと考えられます。
これらはどちらも耳掃除の道具として使われますが、どのようにすれば垢をごっそりと取ることができるのでしょうか。
ごっそり取る方法としては、まずは耳の構造を考えなければいけません。
言ったように、耳は自分で垢を排出するための機能を備えています。
それは、耳の皮膚が奥から手前へとベルトコンベアのように動いてくれるのです。
このようにして、人体は一か月ほどかけて耳垢を外へ排出しようとしてくれます。

スポンサーリンク

このような機能を有しているために、無理やりに掃除をする必要はないのです。
むしろ毎日のように掃除をすることは耳の中の皮膚を傷めることにもなりかねません。
そして、ごっそり取る方法として、良く利用される方法に、お風呂上りの湿っている時に、綿棒でグリグリとすることが多いと思われますが、実はそれもあまり良い方法とは言えません。
面積の大きな綿棒では、必要のない皮膚も傷つけてしまうのです。
そのために、余計な傷ができて炎症を起こしてしまったりもします。
ですので、最も良い手段は、耳かきか子供用の小さな綿棒を使用することです。
そして、前述したように、体は自然と耳垢を排出してくれますので、手前の皮膚に付いている垢だけをこそぎ落としてやればいいのです。
月に一回程度この方法で手入れをするだけで耳は十分綺麗になります。
むしろ大きな綿棒で押し込んでしまうことで垢が耳の奥に付着して出てこなくなってしまうこともありますので、それに注意することが大事になってきます。

スポンサーリンク