耳垢 ウェットワキガ

耳垢でわかるウェットワキガ

スポンサーリンク

 自分の体臭はわかりにくいものです。
シャンプーやワックスの匂いも、毎日つけているとわかりにくくなりますね。
同じように自分の匂いも毎日嗅いでいるため、わからなくなっているのです。
電車やバスの中で、臭いのきつい人に出会ったことはないでしょうか。
ニンニク料理を食べた口臭がする人や、香水をつけすぎている人に迷惑した人も多いでしょう。
一方で、自分自身も臭いのケアができているのか、不安に思ったことはありませんか。
臭いのする料理や香水は、あらかじめ防臭スプレーなどでケアすることができます。
しかし、生まれ持った体臭の存在には気がついていますか。
例えばワキガです。
ワキガは汗の臭いの一種ですが、通常の汗よりも強烈で苦味のある臭いがします。
ツーンとした臭いで、知らず知らずのうちに周りの人に迷惑をかけることがあります。
でも、自分はワキガかどうかはどうすればわかるのでしょうか。
一つの方法として、耳垢を調べるものがあります。
あなたが湿った耳垢なら、ウェットワキガの可能性があります。

スポンサーリンク

 ワキガの原因は、アポクリン汗腺といわれています。
このアポクリン汗腺がある日本人は、全体の10パーセントであまり多くありません。
そのため、ワキガの臭いがするのにほうっておくと、多くの人に不快感を感じさせてしまうのです。
アポクリン汗腺がある人に共通していることが、いくつか発見されています。
その一つが耳垢の湿りなのです。
アポクリン汗腺は脇の下だけでなく、耳の中にもあります。
そのためそこから分泌される汗が耳垢を湿らせていると考えられています。
 では、ウェットワキガを自分で調べる方法を紹介します。
お風呂上りや水泳後など、頭が水に濡れた後は避けましょう。
頭が乾いている状態で綿棒で耳の中を軽くふき取ってみてください。
通常であれば乾いた耳の垢がくっついています。
ウェットワキガの人は湿ったり、キャラメルのような垢が綿棒に絡まります。
粘度がワキガの強さに比例するという研究もあるそうです。
 いかがだったでしょうか。
耳の垢は乾いていましたか、湿っていましたか。
たとえワキガでも心配することはありません。

一番不幸なのは、自分のワキガに気がつかないまま、周囲の人に不快感を与えることなのです。
自分がウェットワキガだと自覚できていれば、あらかじめ塗るタイプのデオドラント剤やスプレーでケアすることができます。
また、保険適用で手術をすることができます。
大切なことは、自分自身の臭いと前向きに向き合うことなのです。

スポンサーリンク