耳垢水 副作用

副作用にも注意したい耳垢水

スポンサーリンク

耳垢は、分泌物に古くなって剥がれた皮膚などが加わってでき、湿性耳垢や乾性耳垢となり、日本人の約8割が乾性タイプの持ち主ですが、垢の性質や詰まり方は人によって異なります。
耳垢は、乾性タイプでは自然に外耳道から外に出てきやすく、湿性タイプでは奥へ垢が詰まってしまいやすい特徴が挙げられています。
神経質に耳掃除する必要はないものの、耳垢の性質などによっては定期的に耳鼻科を受診することが適しています。
特に幼児の耳の穴は狭く、耳垢を押し込みやすく栓塞などのトラブルに繋がりやすくなるため、耳垢水などを利用して頑固な耳垢を取り除くなどの耳のケアに努める必要があります。
ガチガチにへばりついている耳垢に対し、耳垢水と呼ばれる水と油の両方の性質を持つ成分を点耳する処方で、耳垢水の作用によって垢が柔らかくなり、剥がれやすくなるメリットが挙げられています。
点耳する際、垢がふやけて一時的に外部の音が聞こえにくくなるなど、耳の詰まった感じが強くなるケースがあり、使い方には注意が必要です。
また、副作用についても十分に理解することも求められます。

スポンサーリンク

医療機関においての処方に基づき、炭酸水素ナトリウム・グリセリン・精製水が一般的に用いられるのですが、家庭では手軽に用いることができる精製水と過酸化水素水を混合させた耳垢水を用いるケースも提案されています。
どちらにせよ、高濃度の過酸化水素水などを用いるために、副作用としてかゆみやかぶれ、外耳道発赤や疼痛、皮膚炎などの副作用も実際に報告されています。
耳の中にダイレクトに点耳する使用方法となるため、使い方には十分に注意を払うことは必須で、耳の痛みや発熱、難聴や耳鳴りなどの症状が現れる場合には早急に耳鼻科を受診することが必要です。
こうしたトラブルに繋げないために、耳鼻科においては耳垢水をはじめ、柔らかくなった耳垢を取り除く際に使う道具にもこだわり、耳用綿棒やピンセット、吸引器やフックなどを提案し、使用量も耳垢の状態をチェックし、約5mlから10mlの処方あるいは、1回あたり数滴となる施術など、使い分けています。

スポンサーリンク