耳垢 緑色

緑色の耳垢の原因と対策

スポンサーリンク

耳垢が見えているからといって耳掃除を行う必要性はなく、外に自然と出てきます。
しかしまれに、外耳道に栓を詰めたほどの垢が詰まり、そこから外耳炎や湿疹などのトラブルに繋がりやすいため、適度な間隔で耳掃除は必要です。
また、垢を取った際の色の違いによって耳の病気のチェックを行うこともでき、例えば、耳垢が緑色をしている場合に考えられるのが外耳道真菌症や外耳道炎です。
アスペルギルスあるいはカンジダなどの真菌による耳の病気で、主な症状としては耳の中にかゆみや耳閉感をはじめ、大量の耳垢が溜まることも挙げられています。
緑色の垢のような物質が外耳道にくっつき、かゆみなどによって外耳道を傷つけてしまいやすく、老若男女問わず陥りやすい耳のトラブルの1つです。
感染や炎症を起こす病気であり、特に高温多湿になる夏に多く見られるのも特徴ですが、原因は真菌であるものの、誘因となるのが湿り気や水の侵入、さらには中耳炎などが挙げられています。

スポンサーリンク

さらに、緑色の耳垢は免疫力が低下する疾患においても見受けられ、外耳道真菌症を繰り返しやすい特徴があります。
免疫力を高めることが耳のトラブルや他の病気にも相乗効果をもたらすため、日頃からの健康意識は必要です。
真菌による場合の対策や改善策としては、刺激の少ない消毒薬で清拭した後に抗真菌薬を患部に塗り込む薬物治療が提案されています。
また、外耳道炎をはじめ、真菌による原因に挙げられているのが過度な耳掃除です。
毎日のように耳垢を消失させる行為として、綿棒・耳かき・爪などの道具を用いることで皮膚層の薄い部分を傷つけてしまい、外耳道皮膚の防御機構までがダメージを受け、そこから細菌感染を起こしやすくなります。
綿棒などのソフトな肌触りでの掃除の場合、月1程度で十分であり、炎症や細菌による多少のかゆみは耳珠と呼ばれる耳の穴の前の出っ張っている部位を圧迫するように刺激を与え、かゆみを抑えることがポイントとなります。

スポンサーリンク