耳垢 風呂上り

お風呂上りに耳垢を取る作業について

スポンサーリンク

日本人の中にはお風呂上りに耳掃除をして耳垢を取る習慣がある方がいますが、この作業における安全性について説明をしていきます。
結論を先に説明をしていくと、お風呂上りには耳掃除はしないほうが良い傾向が強くなっています。
理由については耳垢も同様に湿った状態になるので、耳掃除によって除去出来るどころか逆に耳の奥に押し込んでしまうことがあります。
そうなると逆に耳の奥に蓄積されてしまうため、入浴後の耳掃除においては可能な限り避けた方が良い習慣となっています。
人によっては入浴後に耳掃除をするのが良いと誤解していることも多いですが、実際には逆効果となります。
耳掃除をするタイミングについては、大体数週間から数ヶ月に1回程度行うだけで十分となっています。
いじりすぎてしまうことによって耳を傷つけることもあるため、耳掃除が好きな方は注意が必要です。
よって入浴後に耳掃除をする行為については、原則逆効果となるので行わない方が良いです。

スポンサーリンク

 お風呂上りに耳垢を取る作業をすることについては、除去しやすくなるどころか逆に耳の奥に送ってしまい取りづらくなります。
それでは逆にどのような時に耳掃除をすれば良いかというと、耳が乾燥している時間帯がベストとなっています。
入浴後は基本的に危険な状態となっているため、入浴前に行うか起床時に行うのが良いとされています。
こういった時間帯であれば耳が乾燥している状態であるので、耳掃除をするのに適しているといえます。
ですがあまり耳の奥まで掃除をしてしまうと、鼓膜や中を傷つけてしまって二次被害が出てしまうことがあります。
そのため耳掃除をする場合においては、手前の方を中心にケアをしていくのが正しい方法となります。
また一度耳の中が傷ついてしまうとかゆみを発生させることがあり、中々完治しにくくなってしまいます。
ですので出来るだけ耳の奥まで掃除をしないことが、上手に耳垢を取り除いていくための正しいケア方法となっています。

スポンサーリンク