補聴器 耳にカビ 対処法

補聴器やイヤホンなどで耳にカビが生えた時の対処法とは

スポンサーリンク

しょっちゅう耳掃除をしているのに、耳がかゆいということはありませんか。
そのような時は、耳にカビが生えている可能性もあります。
耳の中をいつも清潔にしているのに、なぜ耳にカビなのか、驚く人も多いかもしれません。
実は耳の中は、あまり清潔にしすぎると、本来持っているはずの自浄作用が弱まってしまい、カビが繁殖しやすくなってしまうのです。
ですから耳掃除も、ほどほどにしておく方がいいのです。
また、補聴器やイヤホンなどで耳にカビが繁殖することもあります。
補聴器やイヤホンは、耳に蓋をしてしまった状態になるので、耳の通気性が悪くなり、その結果カビがはびこりやすくなってしまうのです。
また、中耳炎に罹った経験のある人は、更にカビが生えやすくなりますので気を付けましょう。
それから素人判断で、薬を塗ったりするのは避けるようにしてください。
耳がとのかくかゆいという場合の対処法は、やはり耳鼻咽喉科に行って治療を受けるのが一番いいやり方です。

スポンサーリンク

このカビは、一般に真菌と呼ばれているもので、水虫や歯周病の原因になることもあります。
耳鼻咽喉科ではまず、耳の中のカビを顕微鏡を使ってきれいに取り除く作業を行います。
これはそれ相当に時間がかかりますので、何度か定期的に通院する必要があります。
カビを取り除いたあとは、塗り薬を塗布して、その後外耳道を乾燥させてカビを生えにくくします。
自分でできる対処法としては次のようなことがあげられます。
まず、耳に水が入った時はよく拭き取ることです。
そのまま湿った状態にしておくと、カビの繁殖を招きやすくなるからです。
そして、耳をふさぐイヤホンでなく、ヘッドフォンを使うようにするのがお勧めです。
また補聴器を使っている人は、時々はイヤホンを外す時間を作るようにしましょう。
それから、普段使っている耳かきや綿棒が汚れていて、それがカビが生えるもとになっている可能性もありますので、時々はきれいに拭いて、定期的に新しい物と取り替えるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク