耳垢多い 原因 掃除

耳垢多い原因を知って、正しい耳掃除をします

スポンサーリンク

耳垢は皮脂腺や耳垢腺からの分泌物、剥離した角化表皮細胞、外部から侵入してきたチリやほこりが混合してできたものです。
耳垢の成分を見ると必要のないものに感じ、掃除して取ってしまった方がいいように思えますが、耳垢には重要な役割があります。
耳垢には異物を吸収して外に出し、細菌の繁殖を防ぎ感染から守る役割があります。
また外耳道の表皮や鼓膜は薄い皮膚細胞でできているので、耳垢があることで保護され、乾燥防止にもなります。
また昆虫の侵入防止の役割もあります。
耳垢の成分のにおいや苦味は昆虫が嫌うものなので、寝ている時など耳の穴に昆虫が侵入してくるのを防いでくれます。
耳垢多い原因は耳掃除のやり過ぎです。
耳垢の成分の剥離した角化表皮細胞というのは古くなった細胞が剥離しているということです。
皮膚を傷つけてしまうと、その部分の表皮細胞が剥離してしまいます。
耳垢が気になって耳掃除をしすぎると皮膚を傷つけてしまうことがあります。
傷ついた表皮細胞は新しい組織を作るために古い細胞を剥離し、また耳垢ができます。
この耳垢が気になりまた掃除することで、皮膚が炎症を起こし分泌物が増え耳垢が増え、それが繰り返されるのです。

スポンサーリンク

耳垢がたくさんあるとかゆくて集中できず困りますが、気をつけて掃除をしないと耳垢多い原因となってしまうので注意が必要です。
耳の通り道の皮膚は新陳代謝を繰り返して耳垢を外に運んでいます。
耳垢は自然に排出されるようになっているので、耳掃除は2週間に1度で十分です。
また耳掃除の時は耳の入り口から1センチ以上入れないようにすることが大切です。
そして耳垢を奥に押し込まないように注意をし、ガリガリとかかないようにすることも大切です。
耳垢が多いから病気ではないかと考えがちですが、耳掃除の仕方や頻度に問題があることが多いので、耳のことを知って注意することで改善することができます。
どうしても我慢できないかゆみや痛み、耳の閉塞感、難聴などの症状がある場合は耳垢栓塞になっている可能性もあるので耳鼻科で診てもらう必要があります。
また耳がかゆいくらいで耳鼻科に行くのは気がひけますが、耳垢の除去は耳鼻科の治療でもよくある治療なので、遠慮しないで耳鼻科に相談することがおすすめです。

スポンサーリンク