炭酸水素ナトリウム グリセリン 混合

炭酸水素ナトリウムとグリセリンを混合することで洗浄水が作れます

スポンサーリンク

耳垢は、実際自分で取り除くのが難しいことがあります。
一般的な綿棒や耳かきでは中々思うような効果が得られないことが多く、耳垢が十分に取り切れないことがあるのが問題です。
操作を誤ると、耳垢を一層奥に押し込んでしまう可能性も生じてきます。
このような問題がある耳の掃除は、耳鼻咽喉科の専門医に任せるのが理想的です。
最近の耳鼻咽喉科では、専用の吸引器具などを用いて耳垢を除去しています。
医療機関に出向くのが難しい場合には、自宅で洗浄水を作って対処をするという方法があります。
炭酸水素ナトリウムやグリセリン、精製水などを混合することで、耳専用の洗浄水を作成することが可能です。
混合の割合を押さえることが出来れば、便利なホームケアアイテムとして常に常備しておくことが出来ます。
現在耳鼻咽喉科でも処方されることがあるのが、この手の洗浄水です。
耳掃除の際には、こういったアイテムで耳の組織を保護することが大切となります。

スポンサーリンク

炭酸水素ナトリウムとグリセリンを併用することによって、耳の壁に付いた垢が取りやすくなります。
こういった垢は耳の壁に付着していることが多く、目視出来ない環境では上手に剥がすことが非常に困難です。
グリセリンで垢を予め軟化させておくことによって、より扱いやすくなります。
炭酸水素ナトリウムの作用で垢を浮かせば、さらに除去は容易です。
洗浄水は適量を用いることが大切とされています。
点耳薬を差す要領で、耳の中に数滴ずつ垂らして使用するのがベストです。
極端な温度差があると、時に耳鳴りなどを誘発することがあります。
ですので、洗浄水は人肌程度の温度に保って使用するのがコツです。
大量に垂らし過ぎた場合にも耳の機能に異常が現れることがあるため、注意が必要となります。
このような方法を試しても除去が難しいようであれば、余り無理をせずに医療機関で処置を依頼するのが賢明です。
耳の掃除は思わぬトラブルの原因になることがあることから、加減が大切なケアと言えます。

スポンサーリンク