点耳薬 耳垢 影響

耳垢塞栓が耳にもたらす影響と点耳薬での治療法

スポンサーリンク

「耳垢塞栓」(じこうせんそく)とは耳垢が固まって外耳道を塞ぐ症状のことです。
原因として最も多いのが、耳掃除のしすぎです。
綿棒や耳かきで垢を取ろうとした際に、取り切れなかった垢が奥へ奥へと落ちてしまい、それが固まることにより、耳穴を塞いでしまいます。
また、湿性(ベタベタ)タイプの耳垢の方の方が、この症状になりやすいとも言われています。
湿性の方がたまに耳掃除をすると、綿棒で垢を押し込んでしまうのです。
但し、乾性(バサバサ)タイプの方も、プール等水に入った際に耳にも水が入り、垢がそれを吸収することにより、ふやけて発症する可能性があります。
こうした原因により、耳垢塞栓になった場合の耳への影響として挙げられる症状は、難聴・痒み・めまいなどです。
更に長期間放置した際には、外耳道に湿疹が出来たり、中耳炎等の耳の病気に気付くのが遅れる危険性もあるので、注意が必要となります。
特にお子さまですと自覚症状が無いこともありますので、プールや入浴後の耳のケアはきちんと行ってあげて下さい。

スポンサーリンク

「耳垢塞栓」の治療法は、耳鼻科に行き、垢を取り除いてもらうというシンプルな方法です。
但し、ガチガチに固まった垢は簡単には除去出来ないケースがあります。
そういうときには、垢をふやかすための点耳薬を使用します。
耳鼻科で点耳薬という耳の中にたらす薬を数滴たらしてもらい、垢がふやけて取りやすくなるのを待ちます。
この待ち時間には個人差がありますが、一旦家に帰ったのち、翌日以降に再度来院し処置するというのが一般的です。
なぜ点耳薬をさすのかというと、ピンセット等で無理矢理に垢を剥がそうとすると、耳を傷付けてしまったり、痛みが発生するなどの影響が起こるからです。
そして、再来院したときに吸引で垢を吸い取ります。
垢の量が多いときは数回に分けることもあります。
また、必要に応じて医療用ピンセットで取るケースもありますが、このときは既に垢はふやけているので痛みを感じることはほとんどありません。
最後に一番気を付けて頂きたいのは、決して自分で処置してはいけないということです。
下手に自分で垢を取ろうとすると、耳の中を傷付けて更に辛い思いをすることになりかねません。
耳鼻科での耳垢塞栓の治療費は三割負担の場合で75円〜2500円程度です。
耳に異常を感じたら、迷わずに耳鼻科に行きましょう。

スポンサーリンク