耳垢を柔らかくする薬 副作用 対処法

耳垢を柔らかくする薬の副作用と対処法

スポンサーリンク

耳垢水(じこうすい)は、耳垢を柔らかくする薬です。
特に、幼児は耳の穴が狭く、耳垢が奥へ入り込みやすい傾向があり、耳栓塞などのトラブルになりやすいので、耳のケアは重要です。
耳垢水などを使用して、頑固な耳垢を取り除くようにしましょう。
耳垢には、湿性と乾性の2つのタイプが存在しており、日本人の約8割が乾性タイプの耳垢となります。
そして、乾性タイプであれば、放っておいても外耳道から自然に外に出てきやすく、あまり心配する必要はありません。
しかし、湿性タイプの場合には、耳垢が耳の奥へ詰まってしまうリスクを伴います。
耳垢を柔らかくする薬であり耳垢水の成分は、水と油の両方の性質を持っています。
耳垢水を点耳することによって、耳垢が剥がれやすくなります。
耳垢水とは、炭酸水素ナトリウム(重曹)とグリセリン、減菌精製水を、1:5:10の割合で混合したものです。
点耳する際には、めまいや耳鳴りを防止するために、常温まで温めて点耳するようになります。

スポンサーリンク

耳垢水の副作用として、点耳する際に、垢が柔らかくなってふやけることによって、一時的に外部の音が聞こえにくくなるといったことが挙げられます。
強く耳が詰まったと感じる人もおり、使い方には注意が必要です。
また、かゆみやかぶれ、外耳道が発赤したり、疼痛を感じたり、皮膚炎などの副作用の報告もあります。
耳の中に直接、点耳するという使用法なので、使用に際しては耳鼻科の医師の指示に従うようにしましょう。
また、難聴や耳鳴りの症状が出た場合には、早急に耳鼻科を受診するようにしましょう。
なるべく副作用を起さないために、耳鼻科で行われてる対処法については、耳垢水でやわらかくなった耳垢を、取り除く際に使用する道具に気をつけるということです。
耳用の綿棒をはじめとして、ピンセットや吸引器など、複数の道具が用意されています。
また、患者さんの耳垢の状態に合わせて、処方する使用量を5ml〜10mlの間で増減するという対処法がとられています。

スポンサーリンク