耳の穴 黒くて硬い 対処法

耳の穴から黒くて硬い耳垢が出てきたときの対処法

スポンサーリンク

耳垢にはいろいろな色や質感のものがあります。
一般的に耳垢は、淡い黄色から生成り色のことが多いです。
大気が汚れていたり、耳掃除をしないで長期間放置されていた耳垢は、これより濃い色になっていたり、すすけたような黒っぽい色になることもあります。
茶色い時もあります。
質感としては、ビスケットの粉のような細かいものから、ねっとりしたペースト状のものまで、これも多彩です。
粉状や鱗片状のものは淡色で、湿ったものはそれよりも濃い色の傾向があります。
ですが色や質感はこうでなければならないという正解はありません。
もし濃いめの黄色でも、普段からそうなのであれば問題ありません。
自分の普段の状態を把握しておきましょう。
特に子どもの場合は耳垢の状態だけでなく、耳の穴を覗いたときの様子も把握しておくと、病気になった際に素早く異変を察知できて安心です。
そして、これはあまりない例ですが、時に耳の穴黒くて硬い耳垢が出てくることがあります。

スポンサーリンク

もし黒くて硬い耳垢が突然出てきたら、誰でもドキっとしてしまいます。
対処法にも困ります。
実はこの耳垢の正体は、大人の場合、たいていが血の塊か、かさぶたなのです。
もし正体がはっきりしない場合は、この黒い耳垢を少し水でふやかして潰してみるとよく分かります。
赤い血の色がはっきりと確認できるでしょう。
これは耳掃除のときに、耳の穴を知らないうちに傷つけていたせいでできたものです。
ですから対処法としては、これからはあまり力を入れずにやさしく耳掃除をすることです。
あとは心配なら病院へ行って患部を手当てしてもらいましょう。
一方、新生児の耳から黒い耳垢が出てくることもあります。
新米ママはビックリしてしまうかもしれませんが、この場合も大概は病気ではないので大丈夫です。
この耳垢の正体は、羊水が耳の中で固まったもので、そっと取って、耳周りを拭いておけば大丈夫です。
とは言っても、大人の場合にしろ赤ちゃんの場合にしろ、いつまでも黒くて硬い耳垢が出続ける場合は、直ちに病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク