耳垢栓塞 体質 対処法

耳垢栓塞が出来やすい体質の人への対処法

スポンサーリンク

耳垢栓塞は耳垢 耳垢とは、皮脂腺や耳垢腺からの分泌物、外耳道から剥がれた古い皮膚、外部からのホコリ等が混ざり合ったもので、一般的には耳あかと呼ばれています。
耳垢が沢山溜まってしまって、外耳道を塞いだ状態を耳垢栓塞と言います。
耳垢ができすぎてしまった時や、既に存在する耳垢が外耳道に深く押し込まれた時に起こります。
ケースによっては、耳垢栓塞にかかった方の耳が聞こえなくなる事もありますが、その殆どが過剰な耳垢が取り除かれるまでの一時的なものです。
耳垢栓塞は耳掃除による人為的な原因もありますが、体質的な原因もあります。
普通体質の耳垢は自然に外に排出されますが、体質的に耳垢が溜まりやすい人の場合、生まれつき過度な耳垢が作られる事で、耳垢が多すぎてなかなか容易に取り除かれない事があります。
そうなると耳垢が固くなってしまい、自然に外に出にくくなってしまいます。
その結果、知らぬ間に耳垢が外耳道に充満してしまい栓塞が起きてしまいます。

スポンサーリンク

耳垢栓塞になってしまうと、自力での除去が非常に難しくなってしまいます。
この状態になると耳垢が耳穴を完全に塞いでしまい、難聴や痒み、めまい等が発症してしまいます。
対処法として、耳垢栓塞が発症したら速やかに病院に行くことです。
耳鼻科に行って簡単に摘出してもらえます。
したがって、発症したからと言って重大な病気に繋がる事は無いのです。
しかし、耳の内部が塞がる事で、中耳炎等の病気の発見が遅れてしまう事もあるので注意が必要です。
病院に行く他にも、予防策として日々の耳垢のケアを行う対処法もあります。
風呂上りは、耳垢が最も柔らかい状態となっています。
この状態を利用し、綿棒でそっと耳の入り口を軽く滑らすように拭きます。
より予防したい人は、綿棒の綿の部分の付け根に輪ゴムを巻いて、内部まで入らないようにして掃除を行います。
しかし、日々のケアはあくまで予防策であるので、痛みが出てしまった場合や違和感を感じた場合には、自分で取るのを中止し、耳鼻科への受信が必要です。

スポンサーリンク