耳垢を溶かす 薬

耳垢を溶かす薬について

スポンサーリンク

耳の聞こえが悪いと感じたときには、耳垢がたまっている可能性があります。
このような状態を自分で解消するのは難しいので、耳鼻科で処置をしてもらう方法が安心です。
耳鼻科ではピンセットや吸引という方法で耳垢を取り除いていくれるようになっていますが、これらの方法では取り除くことができなかったり、耳垢栓塞が疑われる場合には耳垢を溶かす薬が使われるようになっています。
体質や耳掃除を頻繁に行うことで耳の中に垢がたまってしまうことがありますが、このような耳垢栓塞を解消するために使われている耳垢を溶かす薬は耳垢水と呼ばれています。
耳鼻科で処方されるようになっていますが、これは目薬のようになっており耳の中に入れるようにします。
数日間薬を使うことで、固まってしまった耳垢を柔らかくすることができます。
このように柔らかくなった状態で、再び耳鼻科で耳垢を取り除く処置を受けるようになっています。
硬くなってしまった耳垢は無理に取り除くと他の部分を傷つけてしまう可能性があるのでこの方法が行われています。

スポンサーリンク

耳垢水は固まっているものをふやかすことができるので、非常に効果的な方法となっていますが、薬を使った後は耳の聞こえが少し悪くなることがあります。
しかし耳垢が柔らかくなり取り除くことができれば、耳の聞こえも元に戻ります。
柔らかくなることで取り除くときに耳を傷つけず、きれいに取り除くことができます。
耳垢水は非常に効果が高いものとなっていますが、市販されているものではないので耳鼻科で処方してもらうしか方法はありません。
しかし病院を受診するという意外に、最近では耳を専門に取り扱っているサロンなども多くなっていますここでは耳垢水と同じような商品が市販されていることもあります。
綿棒に市販されている専用の水を含ませて、汚れを拭き取るという形のものが多くなっています。
基本的に固まってしまった耳垢に関しては、柔らかくして取り除きやすくすると言うのが大切となります。
耳垢がたまって病気になることはほとんどありませんが、しっかりとケアすることが大切です。

スポンサーリンク