湿った耳垢 遺伝

湿った耳垢は遺伝するのか

スポンサーリンク

耳垢が湿っているとワキガになる可能性が高くなると考えられていますが、これが遺伝すると言うことになると非常に気になります。
父親がワキガなのでその可能性が少しでもあるのかと心配になる人もいます。
湿った耳垢に関しては、遺伝する事がわかっています。
なぜこのようにはっきりと言うことができるのかというと、それはワキガが優性遺伝となっているからです。
片方の親がこの状態の場合50パーセントの確率で子供に現れるようになっています。
両親とも症状がある場合には、その確率が80パーセントと非常に高くなってしまいます。
原因となっているのはアポクリン汗腺の量になりますが、この汗腺の量も子供に受け継がれることがわかっています。
そのなかで耳垢の状態に関して乾いている人と湿っている人がいますが、これにはアポクリン汗腺が大きく関係しています。
アポクリン汗腺からの汗が原因となって湿るようになっています。
したがって湿った耳垢というのはアポクリン汗腺が多いと言うことが考えられます。

スポンサーリンク

子供の耳垢に関しては必ずしも湿っていると言うことではありません。
また湿っているからといって必ずしもわきがになるということもありません。
両親がワキガの場合には遺伝の可能性が高くなりますが、耳垢だけで判断することはできません。
遺伝しているかどうかはいつから判断できるのかが気になりますが、子供が自分で判断することができるようになるのは思春期以降となっています。
小学校高学年から中学生になるまでの時期が多くなっていますが、中には自分ではわからないという人もいます。
ワキの症状の程度には個人差がありますが、デオドラント商品がたくさん販売されているので、これで防ぐことができる範囲であれば利用するのがおすすめです。
子供に湿った耳垢が遺伝していたとしても、それは病気ではなく心配することではありません。
症状が現れてからでも対応をすることができるので、症状が疑われるときには一度病院を受診すると安心です。
医師に詳しい話を聞くことができます。

スポンサーリンク