耳垢 臭い 中耳炎

中耳炎で耳垢が臭いのか

スポンサーリンク

耳垢が臭いと感じるときには、いくつかの原因が考えられます。
そのなかでか0週が発生していると言うことがあります。
脂肪分の多い食事やストレスがたまっているときに臭いと感じることが多くなっていますが、このほかにはたばこを吸う人や生活習慣が乱れていることが原因となっています。
これらの原因が思い当たるという人は、注意が必要になります。
このほかには入浴やシャワーの後に耳の周りを洗い忘れていたり拭き忘れているという人は臭くなる可能性があります。
しかし耳掃除はあまり頻繁に行うと耳を傷つける原因となってしまうので、月に1回程度を目安に行うようにします。
このほかに考えられるのは病気の可能性です。
耳の病気はいくつかありますが、耳掃除を頻繁に行うことで中に傷ができてしまったり、細菌やウイルスが体の内側から侵入することで病気が発症することがあります。
粉瘤というこぶが耳の後ろにできていたり、先天性の病気の可能性があります。

スポンサーリンク

耳垢の臭いが発生する病気として中耳炎があります。
中耳炎は鼓膜の内側に菌が発生し、これによって症状が現れる耳の病気となっています。
耳で炎症が発生してしまうと、膿や菌が増えるので臭いが発生します。
膿が出てくると耳だれという黄色い汁のようなものが出てくることもありますが、耳だれが発生した場合にはすぐに病院を受診するようにします。
また中耳炎では耳だれ以外にも次のような症状があります。
それは耳の痛みや発熱を伴うこともあります。
耳が聞こえにくく音がこもったような感じになることもあります。
これらの症状が現れたときには、中耳炎の可能性が高くなります。
耳垢の臭いが強くなったときの対処法としては、病気が疑われるときにはすぐに病院を受診します。
また正しい耳かきを行ったり、耳の裏をしっかりと洗うことで解消することができます。
新陳代謝を良くすると耳垢が排出されやすくなるので、加齢臭の予防をすることにつながります。
そのためには血行をよくするように運動をしたり入浴方法を考えます。

スポンサーリンク