耳掃除 ベビーオイル 取り方

こびりついた耳垢の耳掃除にベビーオイルを使用した取り方

スポンサーリンク

耳垢とは、外耳道にある耳垢線からの分泌液と耳の内部の剥がれ落ちた皮膚、空気中の埃が入り混じる事で発生します。
耳垢は不潔なものだと言うイメージが強いですが、この耳垢線からの分泌液には殺菌や防虫の効果があり、耳垢は耳の内部を守る役割を果たしているのです。
しかしこの耳垢を蓄積させすぎる事が原因となり耳垢が耳の穴を塞いでしまい、めまいや難聴を引き起こす耳垢栓塞を発症する場合があります。
耳垢栓塞を予防する為には、耳垢を適度に取り除く必要がありますので2週間に一度のペースで耳掃除を行うと良いでしょう。
綿棒や耳かきを使用しての耳掃除はとても心地が良い為につい何度も行ってしまうと言う方も多いのですが、耳掃除を頻繁に行いすぎると外耳道に炎症を引き起こし外耳道炎を発症させてしまう危険性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

耳掃除をする際に注意しなければならないのは無理な力を加えない、耳かきや綿棒を奥に入れすぎない等です。
耳垢の安全な取り方として、耳掃除の前に耳垢をベビーオイルでふやかし綿棒で優しく耳の穴を拭うと言った方法があります。
このベビーオイルを使用した耳垢の取り方は、耳の中に負担を与える事なくこびりついた耳垢を取り除く事が出来るのです。
このベビーオイルを使用した取り方とは、綿棒にベビーオイルを浸し耳の内部を優しく拭います。
オイルがこびりついた耳垢に浸透し、柔らかくする効果を発揮するので摩擦を与える事なく綿棒で優しく拭うだけで取れる様になるのです。
そしてこのベビーオイルには耳の内部の乾燥を防ぐ為に、かゆみを改善させる効果もあります。
耳垢が乾燥しがちでかゆみがあると言う場合にはベビーオイルを綿棒に染み込ませ耳の内部に塗っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク