炭酸水素ナトリウム グリセリン 耳垢

耳垢を軟らかくするための炭酸水素ナトリウムとグリセリン

スポンサーリンク

耳垢が溜まっているときには、耳掃除をしてしっかりと取り除く必要があります。
しかし耳垢が固まってしまい取り除くことができないという場合には、これを軟らかくするための薬が使われるようになっています。
これは耳垢除去剤と呼ばれたり耳垢水と呼ばれるようになっています。
これはどのような成分が含まれているのかというと、炭酸水素ナトリウムとグリセリンと滅菌精製水を配合したものとなっています。
病院や薬局ではどのような配分で作られているのかというと、炭酸水素ナトリウムが5グラムに対しグリセリンが25ミリリットルで、ここに滅菌精製水を加えてすべての量が100ミリリットルになるように作られています。
これを患者さんに処方するようになっていますが、処方に関しては1回に5ミリリットルから10ミリリットルが多くなっています。

スポンサーリンク

なぜこのような成分が含まれているのかというと、しっかりとした作用が確認されているからです。
グリセリンに関しては、軟らかくさせる作用があります。
炭酸水素ナトリウムは軟らかくなったものを、皮膚から浮き上がらせるという作用があります。
実際にはどのようにして使うのかというと、耳にこの液体を滴下するようになっています。
滴下する耳を上にして横になります。
そして耳の中に入れていきます。
使う量の目安は、1回に5滴から6滴程度となっています。
しかしあまりにも硬くなっている場合には、これ以上の量が使われることもあります。
そしてその後5分から10分程度そのまま横になった状態にしておきます。
使うときには注意をしなければいけないことがあります。
それはめまいや耳鳴りを防ぐために、常温までしっかりと温めておくようにします。

スポンサーリンク