耳垂れ はちみつ ベタベタ

ベタベタの耳垂れとはちみつの効果

スポンサーリンク

小さな子供が風邪をひいたときに、耳が痛くなるということがよくあります。
これは中耳炎という病気が関係しています。
しかしこれは子供だけが発症するというものではありません。
大人でも発症することがあるのを忘れないようにします。
発病をすると大人の方がひどくなることもあります。
耳に痛みや腫れや発熱が見られるようになっています。
このような症状は1週間程度で治まるようになっています。
しかし痛みが治まったからといって安心してはいけません。
鼓膜の中には膿がたくさん残っている状態なのです。
ゆっくりと膿が抜けていくと完治することになります。
したがって完治させるためには、安静にしてゆっくりと休むことを心がけます。
膿は鼻から抜けていくようになっているので、鼻の通りをよくすることを心がけるようにします。
また耳が痛いときには患部を冷やすという方法が効果的です。

スポンサーリンク

また中耳炎を発症したと気には、ベタベタとした耳垂れが出てくることがあります。
このベタベタとして耳垂れに関しては、鼓膜が破れてそこから膿が出てきたと考えることができます。
鼓膜が破れると聞いて心配になる人がいますが、これは自然にふさがるようになっているので心配することはありません。
ベタベタとした耳垂れが出てきたときには、病院を受診するようにします。
このほかに炎症が発生している部分にはちみつを塗ると、それを抑えることができる効果があると考えられています。
はちみつを塗るというのは民間療法となっているので、皮膚が弱いという人はあらかじめ他の部分で試してみるようにします。
はちみつは手軽に手に入れることができ、食用ともなっているので、炎症を抑えるために使っている人も少なくありません。
しかし自己判断をするのは危険なので、必ず専門家に相談をするようにします。

スポンサーリンク