耳垢 こびりついて 取れない

耳垢がこびりついて取れない場合には

スポンサーリンク

耳垢とは耳の内部で剥がれ落ちた皮膚や空気中のほこりが耳垢線からの分泌物と入り混じり塊となったものです。
この耳の内部の分泌物には防虫や殺菌効果があり、耳の内部を守る働きが備わっているのです。
しかしこの耳垢が蓄積されすぎてしまえば耳の内部に蓋をしてしまい難聴や耳鳴り、めまいを引き起こす原因となります。
蓄積を予防する為には、月に2回か3回程自身で取りのぞく必要があるのです。
耳かきや綿棒を使用しての掃除は非常に気持ちが良い為に頻繁に行いがちですが、この場合耳かきによる摩擦が外耳道に負担を与え炎症を引き起こす原因となります。
更にこびりついている耳垢を無理に取ろうとして外耳道を傷つけたり、耳垢を奥深くに押し込んでしまう危険性も考えられます。
こびりついて取れないと言う場合には、耳かきをする際に内部からカサカサと音がするにも関わらず耳の外に耳垢が出てこないと言った状態になります。

スポンサーリンク

中々こびりついて取れないと言う場合には、無理に自身で取ろうとすると外耳道や鼓膜を傷つけてしまう危険性がある為に耳鼻科を受診する必要があります。
耳鼻科では、専用の医療器具を使用し奥深くにこびりついている垢を取りのぞいてくれます。
耳の内部に垢がこびりついて中々取れない、不快感があると言った場合には安全に除去を行う為に耳鼻科を受診する必要が出てくるのです。
耳鼻科での処置では、簡単に除去できるものであればその場で直ぐに除去して貰う事が可能です。
しかし場合によって耳に特殊な薬剤を入れふやかして取り除く必要がある為に点耳薬を処方され再度受診が必要になる場合もあります。
鼓膜に垢が付着している場合には無理に取り除こうとすると鼓膜を傷つけてしまう危険性がある為にまず垢を柔らくふやかす事が必要となるのです。
中々取れない垢は自身では除去が不可能なケースも多いのです。

スポンサーリンク