中耳炎 耳垢 原因

耳垢が湿っているのは中耳炎が原因ではありません

スポンサーリンク

中耳炎はウイルスや細菌が耳管を通って、中耳に感染してしまうことが原因で起こる病気です。
中耳と鼻の奥は耳管でつながっているため、風邪をひいた時のウイルスや細菌が鼻から耳に入って中耳炎になることが多いです。
中耳炎になると鼓膜の奥が腫れて痛かったり、膿が溜まって耳垂れが起きてしまいます。
さらに中耳炎は5歳くらいまでの子供がかかることが多い病気なので、大人が早く病気に気付いて耳鼻科で治療を受けることが必要になります。
子供は免疫力が低い上に耳管が太くて短く、水平な状態に近いのが原因で中耳がウイルスや細菌に感染しやすくなっています。
放っておくほど治りづらい病気に進行してしまうため、子供が風邪をひいた時は行動を注意して見るようにすると早く病気を発見できる可能性があります。
耳垢が溜まったような状態で名前を呼んでも聞こえていないようだったり、耳をやたらと抑えるような行動をとったら耳鼻科に連れて行くことが大切です。

スポンサーリンク

まれに耳垢が湿っていることが耳垂れだと勘違いして、耳鼻科を受診される親もいます。
耳垢が湿っていることは病気ではなく、人それぞれ耳垢の状態は違うので心配する必要はありません。
明らかに膿が耳から出ている場合は病気にかかっている可能性が高いため、その時は早めに耳鼻科を受診するようにします。
中耳炎になったら、医師から薬を処方されるので指示通りに服用します。
症状が改善されたからといって無断で薬の服用をやめてしまうと、それが原因で病気が再発したり治りが遅くなる可能性があります。
難聴になってしまう恐れもあるので、医師が薬の服用をストップするまでは継続して服用することが大事です。
さらに耳の中に溜まっている膿を排出させるため、鼻の通りをよくすることも治療に役立ちます。
これは膿が耳管を通って、鼻に通り抜けるようにすることで早く症状を改善させるためです。
治るまで治療が長期間にわたることもありますが、根気よく治療を続けることで耳が元通りになります。

スポンサーリンク