耳垢 聞き取りにくい 影響

耳垢が詰まる影響で聞き取りにくい場合

スポンサーリンク

耳の中がかゆくて耳かきを頻繁にする方もいるでしょう。
耳かきや綿棒などを使い、耳掃除をするととても気持ちがよく耳垢がきれいに取れることでちょっと爽快な気分になったりもします。
しかし、あまり頻繁に耳かきをしてしまうと、耳の中の皮膚を傷つけてしまうこともあり、血がでたりかさぶたができてしまうこともあります。
傷口から雑菌が入って化膿してしまうと中耳炎など耳の病気にかかってしまうこともあるので、痛みなどがでた場合には、耳鼻科などで治療を受ける必要も出てきてしまいます。
耳は音や人の声などを聴くためには重要な器官です。
両方の耳から音を聴くことにより、どこから音が鳴っているのか、どのぐらい離れた距離から人が話しかけているかなどが判断することができます。
耳が仮に片方しか聴こえなかったりすると、音のする距離や方向などが判断できないこともあります。

スポンサーリンク

あまりに耳垢が詰まりすぎていると、音を聴く時など影響がでてしまうことがあります。
そのため、音が聞き取りにくいと感じた場合には、耳掃除をして耳垢をある程度取り除くようにしましょう。
耳掃除をうまくやらないと、耳垢が鼓膜のほうにまで押し込んでしまうこともあるため、綿棒などで耳掃除する場合には注意が必要です。
自分で耳掃除をしても音を聞き取りにくい状況が変わらない場合には、耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。
音が聞き取りにくい原因を把握して、治療を受けることで状況を改善しましょう。
生活に影響がでてしまうような状態だと、耳垢だけの影響によるものではないかもしれません。
自己判断せずにきちんと医療機関でどのような理由で音が聞き取りにくいのかどうかを確認しておき、自身の生活習慣などで悪影響を及ぼす習慣がある場合は改善していくようにしましょう。

スポンサーリンク