耳垢 中耳炎 かゆい

耳垢の取りすぎで中耳炎でかゆい場合もある

スポンサーリンク

耳がかゆい場合、複数の要因があるので注意してください。
第一に皮膚の乾燥です。
皮膚の乾燥はデリケートな耳の皮膚が乾燥してしまい、かゆみを生じる現象といわれています。
皮膚の乾燥があまりにひどくてかき壊してしまう恐れもあるため、医療機関で保湿用のクリームなどを利用することが重要です。
また、外耳炎の可能性もあります。
外耳炎の場合には主な原因として耳垢の取りすぎといわれているため、掃除の頻度を控えることも大切です。
あまり掃除しすぎると皮膚炎を起こすなどでメリットが多いため、耳垢は取りすぎないように掃除の頻度を落としてください。
中耳炎対策として耳垢を摂りすぎないことは、多くの耳鼻科医が提唱しています。
強烈なかゆみを感じる時には、急性中耳炎の可能性も高いので、至急医療機関を受診してください。
中耳炎は子供が鳴るイメージという方もいますが、大人でもなることもあります。
かかるとかなり症状が悪化しやすいのが大人の場合なので、至急医療機関にかかってください。

スポンサーリンク

大人がかかる中耳炎の場合、かゆいだけではなく、聞こえにくくなる症状が出てきます。
この場合、早急に医療機関にかからないことで、失聴する恐れがありますので、必ず早めに受診してください。
かゆみは痛覚が原因であると考えられてきましたが、実は大きく異なり、脊髄反射の一種であるという説が出てきました。
そのため、かゆいのは痛覚ではなく、別の神経系統から成り立つものです。
とはいえ、神経系統が別であっても、身体に対しての危険信号であることには変わりません。
できる限り早めに医療機関を受診してください。
まが、外耳がかゆい場合には外耳がかびていることも考えられます。
風邪などを引いていなくてもかゆみを感じる場合には、医療機関に相談することで、カビかどうかを検査してもらえるので、すぐ受けてください。
風邪をひいている場合、のどの炎症によってかゆみを発症することもありますが、その場合には特に耳に問題はありません。
ただし、強烈なかゆみ、1週間続く場合は医師に相談してください。

スポンサーリンク