耳垢 栓塞 プール

お子さんの耳垢栓塞はプールに入る前に病院で取ってもらいましょう

スポンサーリンク

お子さんの耳垢が気になって、しょっちゅう取ってあげているお母さんもいることでしょう。
しかし元々は、そう神経質に取らなくてもいいものなのです。
むしろ頻繁に耳を触ることで、外耳炎になるお子さんも結構います。
もちろん耳垢にも乾いたものと湿ったものがあります。
日本人は一般に乾いたタイプのものであることが多く、あまり掃除をしなくても自然に出て来るようになっています。
しかし、たまに湿ったタイプの人もいますので、そのような場合は耳かきで外に出すようにしましょう。
小さなお子さんの場合、お風呂上りなどに、つい綿棒で耳の中の水分を取ってあげたくなりますが、その必要もありません。
耳の外側の部分だけを、タオルで押さえるようにしてあげればそれで十分です。
むしろ、あまり綿棒を使い過ぎると、却って耳垢を中に押し込んでしまうことになります。
中に押し込まれた耳垢は、外耳道に詰まって栓塞となり、そのため聴力が落ちるようになってしまいます。
特に学校でプールに入ったりすると、この塊が水にふやけてしまい、さらに聴力に影響を及ぼすことがありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

ですから、学校でプールの授業が始まるまでには、必ず耳鼻咽喉科に行って、栓塞を取ってもらうようにしましょう。
また綿棒で耳掃除をすることは、できれば避けるようにしてください。
それから、栓塞を耳鼻咽喉科で取ってもらう時は、中に押し込まれている耳垢を、外耳道を傷つけないようにして外に引っ張り出す形になりますので、除去するまでに時間を要することがあります。
また、お子さんによっては、かなり痛みを覚えることもあります。
それから、よくプールに入って中耳炎を起こすといわれますが、鼓膜が破れたりしていない限り、水が入るのが原因で中耳炎を起こすことはありません。
あるとすれば中耳炎ではなく外耳炎です。
この場合も、あまり耳垢を頻繁に取っていて、外耳道に傷がつくのが原因です。
プールに入って中耳炎を起こすのは、鼻や喉に炎症がある時です。
この時はプールの消毒薬によって炎症が悪化し、それが耳管を伝わることで、耳に炎症が起こることになります。
ですから鼻や喉に炎症がある時は、プールの授業を休むか、完全に治してから入るようにするのがいいでしょう。

スポンサーリンク