耳垢 オレンジ 原因

オレンジ色の耳垢がでてくる原因

スポンサーリンク

耳垢には、さまざまな種類があり多くの人が乾いたものが多いです。
乾いているものならば色は薄くなっています。
オレンジ色の耳垢であれば、皮脂が多い状態になっているはずです。
成人でオレンジ色の耳垢が出てくることもありえますが、主に子供に多いです。
原因は、皮脂が多く分泌されていることもありますが、耳掃除のやりすぎによって耳の中が傷つき、炎症を起こしていることもあり得ます。
一般的な耳垢は薄い黄色になっていることが多いので、オレンジ色の状態が続いているならば一度耳鼻科で診てもらうとよいです。
原因がある程度特定できれば、対処することは可能です。
炎症などであれば治療を受ければ改善していきますが、皮脂によるものであれば食生活をかえてみればよくなりやすいです。
脂質が多い食事はさけて、野菜中心の食生活をすれば問題ないです。
オレンジ色の耳垢が出る前に、対策を始める必要があります。
食生活をかえても、すぐに耳垢の色が変わるわけではありません。
時間はある程度かかりますので、早めに気付くことが重要です。
病気などでなければ、自力で改善することが可能です。

スポンサーリンク

子供や赤ちゃんからオレンジ色の耳垢がでてもあわてる必要はないです。
新陳代謝がいいので、大人とは違う色のものがでてきやすいです。
子供の耳であっても、耳垢は自然に外に出るようになっていますが新陳代謝が活発ですので、量が多いはずです。
丁寧に取ってあげればいいですが、とりすぎてはいけません。
耳の中を守るためにも役立っていますので、必要以上に取ってしまうとさらに量が増えてしまい、耳の調子を悪くしてしまう原因になるはずです。
何か異常があれば、放置せずに病院に連れていけば原因を調べてもらえます。
また、オレンジ色ならば、湿っているか粘着性が強くなっている可能性が高いです。
無理に取ろうとすると、傷つけてしまうかもしれません。
耳鼻科の医師に診てもらい、必要であればとってもらえばいいです。
普段の生活の中でオレンジ色のものを見る機会は少ないですが、体質などによってでてくることがあります。
原因は分かっていますので生活改善をすればいいですし、気になるのであれば医療機関を受診すれば問題ないです。
オレンジ色のものが出てきても、日常生活に影響を及ぼしていないのであれば様子を見て判断しても遅いことはないです。

スポンサーリンク