飴耳 痒い 原因

痒い飴耳の原因

スポンサーリンク

耳垢は自然とたまるようになっています。
人によってその状態が異なっています。
粉のように乾燥をしていると言うこともあれば、ねばねばやどろどろの状態になっているというようなこともあります。
耳垢とはどのような特徴があるのかというと、空気中のほこりや古い皮膚が、皮脂によってたまってしまう汚れの一つであると考えられています。
なぜこのようなことが発生しているのかというと、鼓膜を細菌などの侵入から守るために防護反応と言うことになります。
かさかさとした乾燥タイプがありますが、ねばねばとしたりどろどろとしている物に関しては、飴耳と呼ばれることもあります。
飴耳などの状態が発生するのは、耳垢腺から分泌される皮脂の量が関係していると考えられています。
飴耳の場合は注意をしなければいけないことがあります。
それは音が聞こえにくくなってしまうという難聴を引き起こす可能性があるということです。
したがって適度に耳掃除をしなければいけません。
飴耳で粘着性が高い場合には、痒いと感じることもあります。
粘着性が高い場合には、これが原因となって耳の奥に綿棒などを入れてしまう傾向があります。

スポンサーリンク

粘着性が高いと言うことが原因となって、逆に鼓膜にくっついてしまうこともあります。
したがって小さな子供は特に耳鼻科を受診して、耳掃除を行ってもらう必要があります。
飴耳の場合痒いと感じることが多くなっていますが、匂いの病気が関係していることもあります。
これがわきがの原因となってしまうこともあります。
わきがに関しては、強い臭いが脇から発生するようになっており、多汗症を発症させる原因とも考えられています。
皮脂やたんぱく質によって発生するのが汗となっています。
匂いに関係しているのがアポクリン腺という汗腺となっています。
ねばねばとした飴耳に関しては、アポクリン腺が多くなっています。
したがって耳垢が皮脂を含んでしまうと汗と混ざり合うようになって、その結果粘着性の高い垢を発生させるようになっています。
したがって粘着性の高い垢がでる場合には、アポクリン汗腺が過剰に反応していると考えるようにします。
痒いという症状を伴いわきがの可能性も高いと考えることができます。
したがって対処法としては、食生活の見直しが必要となります。

スポンサーリンク