あめ耳 かゆい 原因

日本人の二割があめ耳でかゆい原因ですが食習慣を変えて激減させる

スポンサーリンク

人の体は、新陳代謝が起こり細胞が常に生まれ変わっています。
耳垢も、そういった古い皮膚の残骸や耳垢線からでる分泌物が、混ざったもので出来ているのです。
そして耳垢も、乾性と湿性という二つの種類に分類できます。
乾性の場合は、こな耳と呼ばれ湿性の方は、あめ耳と呼ばれているのです。
日本人の大部分は乾性のこな耳の持ち主の方が圧倒的に多く、湿性のあめ耳の持ち主は二割くらいだと言われています。
あめ耳の人は、体質的に体臭が強い傾向がありこれには理由があるのです。
これは耳の中に、体臭の原因の一つとされるアポクリン腺が、あるからになります。
あめ耳の特徴の一つとして、強い臭いとベタベタした感じがするのを、嫌がる人が多くいるのです。
しかしあめ耳は、遺伝した体質的なものであって、疾患ではないので特に治療方法がないです。
それでも臭いやベタベタした感じを、軽減する方法はあります。
ベタベタとして汗の主成分は、皮脂とたんぱく質です。
なので、肉食と油の摂取を抑えることで、汗の主成分も変化させることができます。
野菜や果物といった食物繊維を、多めに摂取することで脂の吸収を防ぐということも有効です。

スポンサーリンク

ベタベタした感じを抑えられれば、かゆい原因がなくなり臭いも軽減されます。
それでもかゆいといった感覚があるのなら、綿棒で耳穴を優しく掃除を行うことです。
しかし神経質になって、無理矢理掃除する必要もないのに、こすりすぎると悪い結果を招きます。
他の部位の垢と違い、耳垢は弱酸性であり、殺菌剤の効果もあるのです。
耳垢は、実はそんなにマメにお手入れをする必要がない、部分になります。
耳の中がかゆいと感じたら、綿棒を使って奥に押し込み過ぎないように、かきだすのです。
特に粘土状のような耳垢を持つあめ耳は、奥へ奥へと押し込んでしまいがちなので、気をつける必要性があります。
毎日耳の掃除をするにあたり、耳の奥の方まで耳垢を押し付けてしまうこともあるので、その場合は中止するのです。
ひどい時には、耳垢栓塞となり音の聞こえも悪くなってしまいます。
そんな時には、耳の専門家である耳鼻科に受診して耳垢を取ってもらうのです。
またプールなどに入った後で、かゆいといった症状に見舞われる人もいます。
原因は耳の中に、水が入ったことですが、タオルでふきとるか綿棒で優しく水分をとるのです。
少々の水ならば自然乾燥もありえますが、不安な場合はタオルか綿棒を使っています。

スポンサーリンク