耳垢成分 種類

耳垢成分や種類について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、耳にかゆみを感じるときには耳掃除をするようになっています。
耳掃除をしたときには耳垢がでるようになっていますが、この耳垢の種類や成分が気になります。
耳垢の状態には個人差があります。
したがって自分の耳垢がどのような状態で種類となっているのかと言うのをしっかりと把握しておく必要があります。
耳垢というのは、外耳道に存在する2つの種類の腺からの分泌物となっています。
ここに剥離脱落した毛髪や粉などが混ざってできたものであると考えられています。
耳垢は外見から2つの種類に分けることができるようになっています。
耳垢成分にも特徴があるので、しっかりと把握しておく必要があります。
耳垢はかさかさに乾いた乾燥耳垢と呼ばれるものと、少ししめった湿性耳垢という2つの種類に分けることができるようになっています。
この中で耳垢成分として乾性耳垢がありますが、これはかさかさと乾燥をした灰白色の耳垢となります。
日本人の平均の84パーセントがこのような耳垢成分となっています。
これに対して湿性耳垢はしめった状態となっており、日本人の約16パーセントがこの耳垢成分となっています。

スポンサーリンク

湿性耳垢というのは、耳掃除をしたときにも耳垢が乾燥していると言うことはありません。
耳垢成分や種類も異なっています。
乾燥耳垢の人と比べると、耳垢腺という耳垢成分の数が多いと言うことがわかっています。
耳垢が乾燥しているかしめっているかという種類に関しては、耳垢腺の分泌物の量の違いによって決められています。
耳垢成分を分析したときには、たんぱく質や脂質や遊離アミノ酸が含まれています。
この中で湿性耳垢の耳垢成分の特徴としては、糖質の量が多いと言うことになります。
これは水を吸いやすいという特徴があります。
したがってこの成分をたくさん含んでいる耳垢に関しては、常に湿っていると考えることができます。
耳垢には大きく分けて2つの種類がありますが、耳垢には耳をしっかりと保護する重要な働きがあるということがわかっています。
具体的には外耳道と鼓膜の保護や洗浄を行います。
また感染を防ぐようになっています。
昆虫など外部からの侵入物を防ぐという役割もあります。
耳垢によって耳の中が汚れていると考えている人がいますが、保護をするという大事な役割もあるのです。

スポンサーリンク